つくばエクスプレス、8両編成に拡大へ 30年代前半

2019/5/31 20:20
保存
共有
印刷
その他

つくばエクスプレス(TX)を運営する首都圏新都市鉄道は5月31日、抜本的な混雑緩和対策として列車編成を現行の6両から8両に増やすと発表した。沿線人口が増え続け、さらなる利用者の増加が見込まれることに対応した。2019年度から着手し、30年代前半にサービスを始める予定。8両編成化で輸送力は30%程度増えるという。

つくばエクスプレス(TX)は計画を上回るペースで乗客が増えてきた(写真は首都圏新都市鉄道提供)

つくばエクスプレス(TX)は計画を上回るペースで乗客が増えてきた(写真は首都圏新都市鉄道提供)

各駅のホームの延伸や変電所の増強、総合基地内の設備の新増設など、設備関係工事費は360億円程度を見込む。車両調達費は未定。終電から始発までの2~3時間を作業にあてるため、8両編成化には10年を超える期間が必要としている。

TXは20年春に新型車両を投入する予定。これにより、朝夕のラッシュ時間帯の混雑率は現状の169%から155%まで低下する。8両編成化を実施することで今後の利用者の増加を見込んでも150%を下回ることは可能としている。

同日、18年度の営業実績を発表した。営業収益は17年度比4%増の463億円、経常利益は1%減の60億円だった。利用者数は増えたが、支払利息の増加が負担となった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]