東京都内の銭湯料金、10円引き上げ 10月から470円に

2019/5/31 20:04
保存
共有
印刷
その他

東京都は31日、都内の公衆浴場(銭湯)の大人(12歳以上)の入浴料金を、現行の460円から470円に引き上げると発表した。10月1日から実施する。消費税率の引き上げやガスなど燃料費の値上がりなどを考慮した。引き上げは2014年7月以来5年ぶりとなる。

同日、公衆浴場の業界関係者や学識経験者らで構成する協議会が、料金引き上げを認める報告をまとめた。小池百合子知事が近く正式決定する。

公衆浴場の入浴料金は業者が自由に決められず、知事が「統制額」として決めている。小池知事は2月、協議会に料金についての検討を要請した。子どもの料金(6~11歳は180円、6歳未満は80円)は据え置く。

都によると、都内の公衆浴場は19年4月時点で537軒ある。自宅に風呂を持つ人が増えたため、1968年の2687軒に比べて8割減っている。業界は20年の東京五輪・パラリンピックに向けて、訪日外国人に日本の文化としての銭湯を広くPRする考えだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]