鉄道会社、異業種と「相互乗り入れ」(ルポ迫真)
移動革命の担い手たち(4)

2019/6/1 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「観光客が来づらい場所になっては伊豆の美しい風景が宝の持ち腐れになる」。東京急行電鉄交通インフラ事業部課長の森田創(45)が、静岡・伊豆の雄大な自然を前に抱いた思いだ。伊豆は観光地が点在し、鉄道で訪れると公共交通の乗り継ぎが欠かせない。だが場所によって路線バスは1時間に1本しかなくタクシーも少ない。観光客の8割が車で訪れるのが現実だ。

【前回記事】規制ニッポンの壁 ウーバー「共存」選択

森田の思い…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]