正社員の副業解禁 ロート製薬
はたらく

関西タイムライン
コラム(地域)
2019/6/3 7:00
保存
共有
印刷
その他

ビール造り、社内で生かす

カフェ運営やビール造り――。すべてロート製薬の社員の「お仕事」だ。といっても社内業務ではなく、副業先でのもの。正社員の副業を解禁する「社外チャレンジワーク制度」をこれまでに約70人が利用した。社内の異なる部署を掛け持ちできる制度も導入しており多岐にわたる経験を通じ、社員の成長を後押ししようとしている。

クラフトビール造りを始めた社員もいる

クラフトビール造りを始めた社員もいる

「1つの会社だけでは個人の成長に限りがある。外にも目を向けないといけない」。副業制度を導入する社内プロジェクトのリーダーを務めたのが、メディア&プロモーション部の墨田康男副部長。同氏はその狙いを熱っぽく語ってくれた。「個人の成長」をテーマに約40人が合宿などで半年間議論して編み出し、2016年2月に始まった。

対象は国内に約1400人いる正社員のうち勤続3年以上。就業時間外や休日を使って社外で働く。希望する社員から届け出を受け取った人事総務部が情報が漏れる恐れや本業への支障、健康面で問題がないかなどをチェック。その上で部署の上司と相談して決める。人事総務部の山本明子副部長によると「基本的に副業をとめることはほぼない」という。

薬剤師や大学のキャリアセンターなど副業先は様々だ。そこで身に付けた能力が社内の業務に生きることがある。自宅がある奈良市でクラフトビール造りを手掛ける市橋健さん。ロートでは農業や食品関連の仕事に携わる。この副業で営業や経理なども経験し「ロートでも違う部署の考えを理解できるようになった」と話す。

別の人事総務部の社員も大学のキャリアセンターで働き、学生に就職活動を助言している。結果として就活生の考え方を知り、企業間の競争が激化する新卒採用にも生かせたという。

山本副部長も「本業への支障はない。むしろ相乗効果が出ている。個人の自立が会社の成長につながる」と話す。今後は副業制度を使う社員を100人にまで増やしていきたいという。

副業以外にも社内の複数の部署や担当を兼務する「社内ダブルジョブ制度」もあり、約60人が活用している。営業部と人事総務部などの事例があるという。

ロートは主力のスキンケアや目薬以外に農業や再生医療事業なども手掛ける。他流試合を重ねて培った経験を生かす余地は多そうだ。

(宮住達朗、横山龍太郎)

保存
共有
印刷
その他

「はたらく」最前線を行く(関西タイムライン)

副業解禁 日本の現状は

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]