2019年8月26日(月)

気象データとAIで需要予測、食材ロス7割減

コラム(テクノロジー)
2019/6/19 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「雨が降るから早めに帰宅しよう」など、天気予報を見て1日の行動を決める人は多いだろう。企業にとっても、天気は客数や売り上げ、利益を左右する重要な要素だ。様々な業界の企業が気象データを人工知能(AI)で分析し「ウエザーテック」をビジネスに生かそうと動き出している。

■家電や飲食にも

気温や湿度、風向・風速、気圧、降水量、日照時間、人工衛星画像――。気象に関する実測データや予報データを需要予測やサービ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。