/

この記事は会員限定です

気象データとAIで需要予測、食材ロス7割減

[有料会員限定]
日経コンピュータ

「雨が降るから早めに帰宅しよう」など、天気予報を見て1日の行動を決める人は多いだろう。企業にとっても、天気は客数や売り上げ、利益を左右する重要な要素だ。様々な業界の企業が気象データを人工知能(AI)で分析し「ウエザーテック」をビジネスに生かそうと動き出している。

家電や飲食にも

気温や湿度、風向・風速、気圧、降水量、日照時間、人工衛星画像――。気象に関する実測データや予報データを需要予測やサービス向上などビジネス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1878文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン