/

この記事は会員限定です

雨晴海岸 万葉集にも詠まれた富山湾の眺め(高岡市)

映える!

[有料会員限定]

万葉集を編集したとされる大伴家持や、松尾芭蕉を魅了した場所が富山県高岡市にある。3000メートル級の立山連峰と富山湾を一度に望む雨晴(あまはらし)海岸。晴れた日には早朝からカメラを手にした観光客で混雑し、立山から昇る朝日を写真におさめている。

雨晴海岸を特徴づけるのが海の中にそびえる女岩と呼ばれる岩。雪をいただいた立山連峰を背にたたずむ光景は県職員の名刺を飾り、富山県の一つの象徴になっている。古く...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り679文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン