/

この記事は会員限定です

[社説]高関税に訴える対外政策は許されぬ

[有料会員限定]

トランプ米大統領が高関税の発動で主要国を脅し、経済・外交問題を力ずくで解決しようとする。相手国はこれに憤り、何らかの対抗措置に動く。そんな負の連鎖を断ち切らねばならない。

米国がメキシコからの輸入品全てに追加関税を課すと発表した。6月10日から開始し、上乗せする関税の税率を5%から25%まで段階的に引き上げるという。

メキシコの不法移民対策が不十分で、米国民の安全や生活が脅かされているという理屈で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り727文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン