/

パナソニック、監視カメラ新会社の設立発表

パナソニックは31日、投資ファンドのポラリス・キャピタル・グループ(東京・千代田)と、監視カメラの新会社を10月1日に設立すると発表した。パナソニックは中国・蘇州にある関連工場や日本の開発部門、米国の販売部門などを新会社に移す。出資比率はポラリスが8割、パナソニックが2割。監視カメラ市場は拡大しているものの、資金力のある中国メーカーが台頭している。ポラリスを後ろ盾とし、開発や生産に投資して競争力を高めることが狙いという。将来の新規株式公開(IPO)も視野に入れている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン