外国人材、東南アジアで青田買い ワタミなど育成拠点

2019/6/3 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

4月に新設された外国人の在留資格「特定技能」を巡る企業の人材囲い込み競争が激しくなっている。人手不足が深刻な外食などの企業が東南アジアなどに自ら拠点を設け人材確保に奔走する。海外から人材を呼び込むのに必要な2国間協定や試験の実施体制などの環境整備はまだ道半ばだが、企業は先んじて「青田買い」に走っている。

カンボジアの首都プノンペン近郊に4月、特定技能人材を育成する全寮制の語学学校が開校した。20…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]