/

この記事は会員限定です

海底火山を常時観測、海洋機構 無人探査機で実験

[有料会員限定]

海底火山の噴火に伴う津波被害の低減に向けて、火山の活動状況を常時観測する研究が相次いでいる。海洋研究開発機構は8月、近年に噴火が続いた西之島(東京都)で観測システムの実証実験を始め、11月から鹿児島県の「鬼界カルデラ」でも実験する。東日本大震災を契機に噴火リスクを把握する動きが活発になっている。陸上に加えて海底の様子もつかみ、国や自治体の防災計画などに役立ててもらう。

日本近海には伊豆諸島や小笠...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1526文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン