IoT時代のイノベーション(7) 「知識処理」の課題
北陸先端科学技術大学院大学教授 内平直志

やさしい経済学
コラム(経済・政治)
2019/6/3 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

IoTによるイノベーションではモノから収集した多量なデータから新しい価値を生み出すため、クラウド側の知識処理(人工知能=AI=等を活用したデータ分析や最適化)が重要となります。知識処理はデータから様々な前処理を経て情報を抽出する「情報化」、情報を統計的手法や機械学習で分析し、故障予測や行動推定モデルなどの知識を構築する「知識化」、知識に基づき価値を実現するための最適なアクションを創出する「価値化…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]