政府行動計画、実効性に課題も 海洋プラごみ対策

2019/5/31 19:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は31日、海洋プラスチックごみの削減に向けた行動計画と、レジ袋の有料化を含むプラスチック循環戦略を決めた。海洋プラごみの問題が深刻化する中、ペットボトルの100%有効利用に向けた支援や、海で自然分解するプラスチックの開発を進める。日本の技術力を生かし世界で存在感を示す狙いがあるが、実効性には課題もある。

プラごみの海洋流入は世界で関心の高い環境問題となっている。陸で発生したプラごみは、年80…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]