/

この記事は会員限定です

ミャンマー国家顧問府相、一帯一路「農村開発に寄与」

[有料会員限定]

ミャンマーのチョー・ティン・スエ国家顧問府相は31日、都内で日本経済新聞のインタビューに応じた。中国の広域経済圏構想「一帯一路」の一環で進める中国・ミャンマー経済回廊について「道路や鉄道などの整備は、農村の開発や雇用創出に役立つ」と述べ、中国の資金力を地方の開発に活用する考えを強調した。

この経済回廊は2017年、アウン・サン・スー・チー国家顧問と習近平(シー・ジンピン)国家主席の首脳会談で合意し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り607文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

アジアの未来

日本経済新聞社は2021年5月20、21日の両日、「アジアが拓く新時代 新型コロナ禍の先へ」をテーマに第26回国際交流会議「アジアの未来」を都内で開催し、オンラインで配信します。

第26回 開催概要

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン