/

VCのビヨンドネクスト、インド開拓

ベンチャーキャピタル(VC)のビヨンドネクストベンチャーズ(東京・中央)はインドのスタートアップ企業に本格的に投資を始める。このほど印スタートアップ支援のセンターフォー・セルラーアンドモレキュラー・プラットフォームズ(C-CAMP)と業務提携した。投資先への現地での支援体制を整えるとともに、国内投資先のインド進出支援にも役立てる。

ビヨンドネクストの海外投資はこれまで欧州1社、インド1社の実績があり、今回本格的に投資を始める。「人口が多く、教育システムがしっかりしているインドに注目した」(伊藤毅社長)。国内と同様、技術系スタートアップを中心に投資を検討する。2018年10月に設立した2号ファンドでは全体の2割程度をインドを中心とする海外投資に振り向ける。

C-CAMPはバンガロールに本社を置き、医療やライフサイエンス分野の技術系スタートアップ支援に実績がある。ビヨンドネクストは投資先企業の支援や人材育成で協力を得るほか、両社が連携した支援プログラムも計画している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン