残業時間の上限は 原則「1カ月45時間」
解説 働き方改革関連法

2019/6/2 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

4月に施行された働き方改革関連法は「長時間労働の是正」と「多様で柔軟な働き方の推進」が主な狙いだ。企業と労働者の双方に対し、従来の雇用のルールの見直しを迫るもので、注意すべき点を理解したうえで、対策を講じることが欠かせない。

同関連法には3つの柱があり、その1つが残業時間の上限規制の強化だ。長時間労働の是正を図るための取り組みだが、幾つかの条件が複雑に絡むうえ、違反すれば罰則が科される可能性もあ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]