2019年8月25日(日)

中国、「軍民融合」トップ摘発に米国の影 (グローバルViews)
中国総局 多部田俊輔

グローバルViews
コラム(国際・アジア)
2019/6/6 5:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国共産党で汚職摘発を担う中央規律検査委員会は四川省の彭宇行・前副省長を「重大な規律違反」の疑いがあるとして調査に着手した。彭氏は習近平(シー・ジンピン)最高指導部の肝煎り政策「軍民融合」の実動部門のトップを務めたエリートだ。米国など海外に情報を漏洩した疑いをかけられているとみられる。米中対立が貿易摩擦からハイテクの覇権争いに広がる中、水面下の「諜報(ちょうほう)戦」も激しさを増している。

「軍…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。