製造業の新規求人、3カ月連続減 堅調雇用に異変か

2019/5/31 12:38
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

人手不足を背景に堅調な雇用情勢が続くなか、製造業の求人に異変が起きている。厚生労働省が31日に発表した4月の新規求人数は、製造業が3カ月続けて減った。なかでも半導体やIT(情報技術)関連の落ち込みが大きい。海外で大型の設備投資が一服したことに加え、米国と中国の貿易摩擦が国内の雇用に影響し始めた可能性がある。

4月の製造業の新規求人数は前年同月比4.6%減の9万3711人だった。減少が目立ったのは…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]