日本の畜産物、シンガポール向けの輸出解禁

2019/5/31 12:15
保存
共有
印刷
その他

農林水産省は31日、シンガポール向けの日本産畜産物の輸出が解禁されたと発表した。BSE(牛海綿状脳症)や口蹄疫(こうていえき)、鳥インフルエンザの影響で止まっていた鶏肉、牛肉製品、豚肉製品、鶏肉製品、卵製品が6月1日から輸出解禁となる。今後、日本で作られたローストビーフやハム、焼き鳥や温泉卵などの輸出が実現する見込みという。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]