/

日本の畜産物、シンガポール向けの輸出解禁

農林水産省は31日、シンガポール向けの日本産畜産物の輸出が解禁されたと発表した。BSE(牛海綿状脳症)や口蹄疫(こうていえき)、鳥インフルエンザの影響で止まっていた鶏肉、牛肉製品、豚肉製品、鶏肉製品、卵製品が6月1日から輸出解禁となる。今後、日本で作られたローストビーフやハム、焼き鳥や温泉卵などの輸出が実現する見込みという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン