/

この記事は会員限定です

肝炎の「ミニ肝臓」をiPS細胞で再現

東京医科歯科大など作製

[有料会員限定]

東京医科歯科大学の武部貴則教授らの研究チームは、iPS細胞から病気の状態の「ミニ肝臓」を作ることに成功した。肝臓に脂肪がたまって起こる炎症や、組織が硬くなって機能しなくなる線維化という現象を再現させた。iPS細胞から作った立体的な臓器で病気を再現できたのは初めて。治療薬探しや、患者ごとの薬の効果の判定などにも使える可能性が高いという。

肝臓に脂肪がたまり過ぎると、さまざまな病気を次々と引き起こす。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り520文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン