肝炎の「ミニ肝臓」をiPS細胞で再現
東京医科歯科大など作製

2019/5/31 10:57
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京医科歯科大学の武部貴則教授らの研究チームは、iPS細胞から病気の状態の「ミニ肝臓」を作ることに成功した。肝臓に脂肪がたまって起こる炎症や、組織が硬くなって機能しなくなる線維化という現象を再現させた。iPS細胞から作った立体的な臓器で病気を再現できたのは初めて。治療薬探しや、患者ごとの薬の効果の判定などにも使える可能性が高いという。

肝臓に脂肪がたまり過ぎると、さまざまな病気を次々と引き起こす…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]