2019年6月18日(火)

南海トラフ、想定死者数3割減 「事前避難」も明記

社会
2019/5/31 8:06 (2019/5/31 9:25更新)
保存
共有
印刷
その他

政府の中央防災会議(会長・安倍晋三首相)は31日、南海トラフ地震の想定死者数を23万1千人とする最新の試算を公表した。建物の耐震化の進展などを加味して2013年試算より3割減少したが、10年間で8割減らすという目標にはペースが追いついていない。東西に広がる震源域の片側で大地震がある「半割れ」が発生した際、残る側で「事前避難」などの警戒措置をとることを基本計画に初めて明記した。

【関連記事】自治体、「半割れ」の対応に苦慮 南海トラフ対策

安倍首相は「被害に遭う人を一人でも少なくしていくことが、私たちの役割であり使命だ」と強調。「さらなる防災、減災対策の充実、強化を着実に推進してほしい」と指示した。

南海トラフ地震を巡って、政府は最大32万3千人が死亡し、238万6千棟が全壊するとの被害想定を公表していた。14年3月に防災対策や応急活動のもととなる防災対策推進基本計画をまとめ、死者数を10年間で8割減らすなどの目標を掲げた。

政府は建物の耐震化や津波避難訓練の実施割合、避難ビルを指定している市町村の割合などを踏まえ、最新の人口に基づいて被害想定を再計算した。建物の全壊棟数は209万4千棟と5年間で12%減ったが、10年間で50%減という目標からは死者数と同じく隔たりがある。

建物や資産の直接被害額は当初想定の169兆5千億円から171兆6千億円に増えた。近年の資材価格の高騰などが影響した。人的被害が減ったことで生産やサービスなどの間接被害額は44兆7千億円から36兆2千億円に減った。

今後も変動する可能性があるとして、国の計画などのベースとなる被害想定は当初の数値を引き続き用いる。

耐震化率が住宅で80%、学校で90%を超えたことなどから20年度までに耐震化を公立学校で完了し、病院で80%を目指すなどの目標を新たに付け加えた。

南海トラフ震源域の半分でマグニチュード(M)8以上の前震が観測される「半割れ」が発生した場合に気象庁が出す臨時の情報に基づいて、被害を受けていない残り半分の地域が「1週間の避難態勢」を取ることも盛り込んだ。

首相官邸で開かれた中央防災会議(31日)

首相官邸で開かれた中央防災会議(31日)

自治体があらかじめ指定した地域が1週間避難の対象になるとして、市町村に事前の計画策定を求めた。災害発生後の避難所の開設・運営費用を国が補助する災害救助法の対象に事前避難も含めることを明記して、自治体の負担を軽減した。

電力やガスなどのインフラ事業者や金融機関、交通機関に対しては地域住民が生活を継続できるよう事業・営業の継続に努めることなども義務付けた。

これまで国は南海トラフ巨大地震のうち東海地震は予知が可能として対策を進めてきたが、中央防災会議の作業部会が17年に「予知は困難」と報告した。

同年、予知に基づいて首相が警戒宣言を出す大規模地震対策特別措置法(大震法)が40年ぶりに見直され、震源域で前震などの異常が確認された場合に「地震発生の可能性が高まった」とする臨時の情報を流す運用を始めた。基本計画にも「現在の科学的知見では南海トラフ地震の発生時期、場所、規模を予測できない」との表現が加えられた。

【関連記事】
南海トラフ地震に備える(複眼)
南海トラフ地震、175億円投じ海底観測網 四国~九州沖に
予知失敗、100回中99回 南海トラフ地震で学者回答
地震予知は見果てぬ夢か、予知連50歳の模索
減災へ「南海トラフ包囲網」 小さな地殻変動を即観測
南海トラフ調査、プレート境界の掘削断念 海洋機構

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報