米メディア大手CBS、バイアコムと統合協議 米報道

2019/5/31 4:04
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=清水石珠実】米メディア大手のCBSとバイアコムが統合協議に向けた準備を始めたことが明らかになった。米経済テレビ局CNBCが30日報じた。動画配信最大手「ネットフリックス」などのネット大手が娯楽業界で勢いを増すなか、合併で規模を拡大して対抗する。

米メディア大手CBS=ロイター

CNBC報道によると、CBSの取締役会がバイアコムとの統合協議の準備に入った。2社で合併した後に、ほかのメディア企業「ディスカバリー・コミュニケーションズ」などと統合して、さらに規模を拡大する構想もあるという。

CBSは06年にバイアコムから分離された過去を持つ。現在でも、事実上のオーナー家であるレッドストーン家が非上場企業「ナショナル・アミューズメント」を通じて、両社の議決権の8割を握る。同家を率いるシャリ・レッドストーン氏は16年以降、たびたび2社の経営統合を促してきた。

米メディア業界では「メディア王」ルパート・マードック氏が「十分な規模がない」として、傘下の21世紀フォックス(当時)のコンテンツ事業の大半を3月に同業ウォルト・ディズニーに売却するなど、規模拡大を目指した再編の動きが活発になっている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]