「仕方なかった」AV事業売却 オンキヨーの選択

2019/6/2 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本のAV(音響・映像)産業の衰退が止まらない。オンキヨーは主力事業であるAV事業を米同業へ売却しOEM(相手先ブランドによる生産)事業に専念する。AV機器は日本のエレクトロニクスの象徴的存在だったが、スマートフォン(スマホ)の台頭で市場の縮小が止まらず、各社は生き残りに有効な手を見いだせないでいる。オンキヨーの選択は他社の「お手本」になり得るのか。

【関連記事】オンキヨー、退路断ちOEMに活路 …

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]