モトローラ、「機能で選べる」SIMフリースマホ

2019/5/30 20:23
保存
共有
印刷
その他

中国レノボ・グループ傘下のモトローラ・モビリティ・ジャパンは30日、SIMフリーのスマートフォン(スマホ)の新製品3機種を6月7日に発売すると発表した。機能や価格に応じて機種を選べるようにバリエーションを持たせた。国内の全キャリアに対応。SIMフリースマホ市場でのさらなる成長を狙う。

モトローラが6月に発売するスマートフォン「moto g7 プラス」

発売するのは「moto g7 プラス」(直販サイトで税別3万8800円)、「同 g7」(3万800円)、「同 g7 パワー」(2万5800円)。画面サイズはいずれも6.2インチで、重さは170~190グラム前後。価格に幅を持たせ、購買層を拡大したい考えだ。

「g7 プラス」には光学式手ぶれ補正の機能を持つ1600万画素と500万画素のデュアルカメラを搭載。暗い場所でもきれいに撮影できるようになった。「g7」の処理スピードは2018年6月発売の「g6」と比べ1.5倍になった。「g7 パワー」には約60時間駆動する大容量バッテリーを搭載した。

ダニー・アダモポウロス社長は30日の記者会見で、競合する中国華為技術(ファーウェイ)新製品の発売延期が相次いだことの影響について「顧客が当社を選んでくれるなら、製品の供給を増やしたい」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]