日経商品指数17種

(1970年平均=100)
12月6日 145.404 -0.313

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

12月6日(金)14:20

パナソニックが中国に家電工場 16年ぶりに新設[映像あり]

バイオジェン エーザイと開発の新薬「認知低下を抑制」

12月6日(金)13:00

[PR]

商品ニュース

セイホクが合板値上げ 5~8%、原材料高など転嫁

2019/5/30 20:13
保存
共有
印刷
その他

国産合板大手のセイホクは針葉樹合板の出荷価格を6月分から5~8%引き上げる。厚さ12ミリの標準品は現行より50円(5%)高い1枚1100円とする。値上げは2018年3月以来となる。原料となるスギなどの原木や配送費の上昇分を転嫁する。

合板の原料となる丸太はバイオマス発電燃料や国産集成材向けの需要が増え、スギやカラマツの取引価格は上がっている。「供給量が限られるカラマツは調達が大変な時もある」(同社)。人手不足で物流コストも前年より1割程度上がり、一段の引き上げを求める輸送会社があるという。

一部に安値取引もみられるが、構造用の針葉樹合板の東京・問屋卸価格は横ばい傾向だ。同社は「出荷価格を5~8%程度引き上げたい」(営業本部長の遠山雅美常務)としている。

農林水産省によると、4月の国産針葉樹合板の在庫量は14万2600立方メートルと3月に比べて0.6%少ない水準だ。「需要には回復の兆しもみられる」(商社)との声がある。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム