記者コラム

フォローする

みしまや、ラグビーボール型とっくり
(わが社の一押し)

2019/5/30 19:52
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

9月に開幕するラグビーワールドカップ(W杯)日本大会では、静岡県内でも小笠山総合運動公園エコパスタジアム(袋井市)で4試合が開催される。酒販店のみしまや(裾野市)が制作したのが、ラグビーボールに富士山を組み合わせたとっくりだ。2018年10月の発売以来、約100本が売れている。

美濃焼のとっくりは富士山の山頂にラグビーボールを載せた外観で、キックティーにボールを載せたような雰囲気だ。ボールの上部…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

記者コラム 一覧

フォローする

 イングランドとの決勝を制した南アフリカは、自分たちの強みを徹底的に押し出した。スピードのあるバックスの選手にあまりボールを回さず、FWとキックで勝負する。スクラムで何度も反則を奪ったことは一つの象徴 …続き (11/3)

南アフリカ戦の終了後、記念写真に納まる日本代表


 ラグビー日本代表が、W杯の試合後に必ず行っていた儀式がある。リーチ・マイケル主将が相手のロッカールームを訪問。主将や奮闘した選手に模造刀を贈り、互いの健闘をたたえ合う。
 布製のペナントの贈呈はよくあ …続き (10/26)

 初の8強入りを果たしたラグビー日本代表はコーチ陣、選手の準備が実った。1次リーグ最終戦のスコットランド戦ではボールを保持する戦術がはまった。
 ジョセフ・ヘッドコーチは就任当初、キックを多用する戦術が …続き (10/17)

ハイライト・スポーツ

[PR]