東京五輪期間中の渋滞対策相次ぐ 東京・神奈川

2019/5/30 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

9月に開幕するラグビーワールドカップ(W杯)日本大会や2020年の東京五輪・パラリンピックを前に、東京都や神奈川県内で道路や鉄道、港湾の混雑対策が本格化している。道路整備などハード面の対応が進むほか、鉄道の終電の繰り下げや、道路通行への課金(ロードプライシング)の検討などソフト面でも急ピッチの対応に追われている。

東京都は7~8月、東京五輪・パラリンピックに向け大会期間中と同程度の規模を想定した…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]