/

この記事は会員限定です

空気電池、動力に「軽さ革命」

NextTech 2030

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

従来のリチウムイオン電池よりもはるかに軽いという特徴を持ち、究極の畜電池とも呼ばれる「リチウム空気電池」の実用化が見えてきた。物質・材料研究機構は空気電池の研究で世界をリードし、充放電の回数を上げ、実用化に適した形にリチウム空気電池を改良した。ドローンや、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」が進んだ2030年ごろには、リチウム空気電池が端末の動力源として使われているかもしれない。

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1528文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の初割実施中!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の初割実施中!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン