/

質問主意書をペーパーレス化 衆院規則改正

衆院は30日の本会議で、質問主意書とその答弁書をペーパーレス化するため衆院規則を改正した。紙の印刷物を配る根拠となっていた「印刷して配付」との規定を「電磁的記録その他の適当の方法により提供」に改めた。早ければ秋の臨時国会から電子データでの配布に切り替える。

質問主意書と答弁書は現在も衆院のウェブサイトで閲覧、ダウンロードできるが、衆院規則に従って紙の印刷物も全議員に配っていた。質問主意書と答弁書の配布の取りやめにより、初期費用を除いて年間約4600万円の経費削減を見込む。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン