/

カルビー、ポテチの賞味期限延長 最大3カ月 フードロス削減狙い

6月から賞味期限が延長されるポテトチップスクリスプ(左、真ん中)と10月から延長されるポテトチップス(右)

カルビーは30日、フードロス(食材廃棄)削減に向けて6月からポテトチップスの賞味期限を延長すると発表した。併せて、賞味期限の表示を「年月日」から「年月」に変える。ポテトチップス製品の賞味期限は従来より最大3カ月延びる。製造工程や原材料の管理体制を見直して、延長しても品質を保証できると判断した。カルビー単体だけでなく、小売店舗での廃棄の削減を狙う。

6月から「ポテトチップスクリスプ」の賞味期限を13カ月と、従来より1カ月延長。10月からは「ポテトチップス」の賞味期限を6カ月と、従来より2カ月延長する。表示方法も併せて変更する。例えば「2019年10月1日」に製造したポテトチップスの場合、従来であれば賞味期限は「20年2月1日」だった。今後は賞味期限が「20年4月」となることから、ほぼ3カ月延長されたことになる。

油が酸化しにくい配合に変えるなどの製造工程の見直しなどを進め、賞味期限を延長しても品質を保証できるという。カルビーはフードロスの削減を経営課題に掲げてきたが、小売店などで廃棄されている量は把握が難しく、削減対策も取りにくかった。賞味期限の延長で小売店も含め、製造から消費までの全体でフードロス削減を進める。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン