2019年7月21日(日)

銀座ルノアール、紙巻きタバコ禁止 20年4月から
直営店全店で 喫煙ブース設けず

サービス・食品
小売り・外食
2019/5/30 15:40
保存
共有
印刷
その他

「喫茶室ルノアール」などを運営する銀座ルノアールは30日、2020年4月から、グループの直営店全店での紙巻きたばこの喫煙を禁止すると発表した。飲食店での喫煙原則禁煙を定めた改正健康増進法が20年4月に全面施行されることに対応する。20年4月以降は、喫煙席では加熱式たばこのみが利用可能になる。

【関連記事】「原則禁煙」悩む外食、ブース設置も壁 都条例成立

銀座ルノアールは飲食スペース確保のため喫煙ブースを設けない

銀座ルノアールは飲食スペース確保のため喫煙ブースを設けない

銀座ルノアールは現在一部の全面禁煙店舗をのぞき、禁煙・喫煙の完全分煙化を進めている。20年4月以降は飲食店で紙巻きたばこを吸う場合には飲食禁止の喫煙ブースが必要になるが、銀座ルノアールは飲食スペース確保のため喫煙ブースを設けないという。20年4月以降は喫煙席での喫煙は加熱式たばこのみとする。

紙巻きたばこの喫煙ブース設置は各社で対応が分かれている。紙巻きたばこを喫煙するためにカフェに入る客層が離れる恐れもあるためだ。

ドトール・日レスホールディングス(HD)は1月に喫茶チェーン「ドトールコーヒーショップ」での受動喫煙対策を公表。店舗を規模などに応じて完全禁煙、紙巻きと加熱式たばこが吸える店、加熱式たばこのみ吸える店の3種に分ける。紙巻きたばこが吸える店には喫煙専用ブースを、加熱式たばこには従来のように飲食可能な喫煙席を設ける。

【関連記事】
ドトール、店舗の禁煙対応3パターンに
居酒屋、禁煙で女性や外国人客獲得 対応揺れる業態も
すかいらーくHD、全店で全面禁煙
灰皿撤去、セブン店舗が板挟みに 頼みは公衆喫煙所?

受動喫煙で子供6万人死亡 WHO、対策強化求める
喫煙者肩身狭く 規制で包囲網、値上げも(平成って)
日本人のたばこ依存、遺伝と相関 理研が解析

仕事中は全面禁煙 企業に広がり、味の素など開始へ
ソフトバンク、4月から就業中の喫煙禁止へ 外出中も対象
社内から喫煙所が消える日 吸わなければ業績伸びる?

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。