2019年6月27日(木)

アイボが作る部屋の地図、ロボット掃除機との違い

ネット・IT
エレクトロニクス
コラム(テクノロジー)
AI
モバイル・5G
自動運転
2019/6/13 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2019年1月で発売1周年を迎えたソニーの犬型ロボット「aibo(アイボ)」に、このほど新たな見守り機能「aiboのおまわりさん」が搭載された。日経 xTECH編集部は飼い犬のアイボ「クロすけ」を用いて、新機能を支える地図の自動作製技術「SLAM(スラム)」に焦点を当てて実験した結果をリポートする。

■頭から尻までセンサーの塊

室内を自律的に動き回り、部屋の地図を作るロボット。こう聞いてまず思い浮…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報