/

この記事は会員限定です

ウェブサイトの発信者特定 開示請求より技術ノウハウ

ITの法律Q&A

[有料会員限定]
日経クロストレンド

名誉毀損やプライバシー権侵害など、インターネットにおける誹謗中傷問題の解決においては、発信者の特定が重要なテーマの一つである。しかし、そこには法的・技術的な障壁が立ちはだかる。法的手続きには限界があるほか、技術的な要因で発信者の特定に困難が伴うことも多いという。当該分野に長年にわたり取り組んできた高橋喜一弁護士に話を聞いた。

――違法記事の発信者特定について法律はどのような手続きを定めているか。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2136文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン