/

アマゾン、ライフ店舗からの配送を正式発表

プライムナウでライフの商品の取り扱いを始める

アマゾンジャパン(東京・目黒)は30日、スーパー大手のライフコーポレーションと組み、生鮮品や総菜をライフの店舗から届けるサービスを始めると正式発表した。共働き家庭や単身高齢者が増え、日常の食事や食品の宅配需要は高まっている。ネットと実店舗を融合させて新たな需要を開拓する。

アマゾンジャパンのジャスパー・チャン社長は「生鮮食品をオンラインで購入する機会をより多くのお客様にご提供したい」とコメント。ライフの岩崎高治社長は「これまでライフを利用していなかった方々にも、ライフの魅力を感じてもらう新たな機会にもなる」と述べた。

アマゾンの有料会員向けサービス「プライムナウ」でライフの商品の取り扱いを始める。ライフの店員が消費者の注文品を店で集め、プライムナウ専用の配送員に渡す。受注から最短2時間で消費者の自宅にまで届ける。1回ごとの配送料は未定。年内に都内の一部店舗で始め、対象地域を広げる。

プライムナウでは雑貨類を中心に、最大でおよそ3万5千品目取り扱っているとされる。アマゾンはライフの約270の店舗網を活用し、生鮮品の扱いを強化する。ライフとの協業で取扱商品は最大8千品目程度増える見通し。店内で調理した弁当や総菜などが加わる。野菜やライフのプライベートブランド商品も取り扱う。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン