/

この記事は会員限定です

本庶氏「増額提案の復活を」 特許料巡り小野薬品に

[有料会員限定]

がん免疫薬の特許収入を巡り、小野薬品工業と対立する京都大学の本庶佑特別教授が、日本経済新聞の取材に応じた。本庶氏は小野薬品が書面で増額を提案した後に「一方的に撤回した」と主張した。小野薬品が交渉を再開し当初の増額提案を復活させれば、歩み寄る意向も示した。交渉拒否が続けば法廷闘争も辞さない構えだ。

本庶氏のノーベル生理学・医学賞の受賞決定以降、がん免疫薬「オプジーボ」の特許収入などに関する両者の対立に注目が集ま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1133文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン