マザーテレサの筆箱 木ノ下裕一

エッセー
2019/6/1 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

インドのコルカタにマザーハウスがある。マザーテレサの活動拠点であったホスピスで、今もその遺志を継いだシスターたちが忙しく立ち働いていた。館内には、展示スペースもあり、展示と言っても写真パネルが主で、テレサの遺品はほんの少し。

極力物を持たずに暮らしていたと、解説にはあった。現に、敷地内には、生前彼女の暮らしていた部屋も保存されていたが、机とベッド以外、何もないといっていいほど、簡素なものだった。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]