/

この記事は会員限定です

マザーテレサの筆箱 木ノ下裕一

[有料会員限定]

インドのコルカタにマザーハウスがある。マザーテレサの活動拠点であったホスピスで、今もその遺志を継いだシスターたちが忙しく立ち働いていた。館内には、展示スペースもあり、展示と言っても写真パネルが主で、テレサの遺品はほんの少し。

極力物を持たずに暮らしていたと、解説にはあった。現に、敷地内には、生前彼女の暮らしていた部屋も保存されていたが、机とベッド以外、何もないといっていいほど、簡素なものだった。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1191文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン