2019年6月17日(月)

日本が海洋プラ対策、技術力で巻き返し 実効性に課題

経済
政治
環境エネ・素材
科学&新技術
2019/5/30 8:32
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国際的に深刻化する廃プラスチックによる海洋汚染に対し、政府は日本の強みである技術力を生かした対策で存在感を示す狙いだ。海で分解しやすいプラスチックなどに強みがあり、国際的な開発競争をリードする考えだが、普及にはまだ時間がかかる。日本は1人あたりの使い捨てプラスチックの使用量が世界2位と多く、責任は重い。計画に実効性を持たせられるかが課題だ。

【関連記事】海洋プラごみ削減で行動計画 政府、G20で表…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報