/

骨髄移植に使う細胞、大量培養する新手法 東大が開発

白血病患者などの治療を後押し

東京大学の中内啓光教授らは骨髄移植に使う細胞を大量に増やす方法を開発した。血清などに替わる新たな培養成分を突き止め、血液のもとを作る造血幹細胞の数を最大約1000倍に増殖できる。マウスの実験で移植に使えることを確かめた。将来は、白血病患者などの治療を後押しできると期待している。研究成果の詳細が30日、英科学誌ネイチャー(電子版)に掲載された。

骨髄移植は白血病患者などに造血幹細胞を移植し、造血機能を回復させる。通常は骨髄に針を刺し、骨髄液中の造血幹細胞を取り出す。

研究チームは、造血幹細胞の培養に使っていた血清や血中のたんぱく質に替わり、液体のりの成分でもあるポリビニルアルコールが使えることを突き止めた。

血中に含まれるわずかな量の造血幹細胞を増やせる。骨髄からの採取ではなく献血のように腕から採血しても必要なだけの量を作れる。今後、人の造血幹細胞でも応用できるかを調べ、骨髄移植の新たな手法の開発を目指す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン