長期保存可能な桃シロップ漬け、果樂が生産2倍に

2019/5/30 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

桃の生産を手掛ける農業法人の果樂(からく、岡山県倉敷市)は長期保存ができる桃のシロップ漬け製品の生産を2倍以上に増やす。加工場を新設し、年産7000個体制に増強。うち3分の1近くはアジアへの輸出に振り向ける。独自の製法によって旬の時期以外でも生に近い食感で食べられる点を売りに、認知度を高める方針だ。

同社の桃加工品「水熟桃(すいじゅくとう)」は、高級品種として知られる「清水白桃」を中心に桃を皮付…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]