/

この記事は会員限定です

農業コンサル アフリカ・ベナンで 奈良の大和農園

[有料会員限定]

種苗メーカーの大和農園(奈良県天理市)は海外で農業分野のコンサルタントを始める。第1弾として、大規模な農地開発を進める西アフリカのベナン共和国の野菜栽培に協力する。世界の種苗生産は欧米やアジア、オセアニアが中心だが、アフリカで先行してビジネスの可能性を探る。

ベナンは綿花やパイナップルの生産が盛ん。ギニア湾に注ぐウェメ川の両岸はアフリカ内でも農業や漁業に適した地として知られる。

吉田裕社長は昨年、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り960文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン