北関東の大学や自治体、LGBT対応広がる

2019/5/29 20:12
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北関東の大学や自治体で性的少数者(LGBT)への対応が広がり始めた。筑波大学や群馬大学は学生や教職員向けにガイドラインを策定、群馬県大泉町や栃木県鹿沼市はカップルが結婚に相当する関係と認める「パートナーシップ制度」を導入する。一方、茨城県は同制度の導入を巡る議会の慎重論を受け、当事者らの意見を踏まえた支援策をとりまとめる。

筑波大は2017年、性の多様性を尊重する考えを示し、国立大学では初めてガ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]