踏み間違い防止装置 トヨタが対象車種を拡大

2019/5/29 21:30
保存
共有
印刷
その他

トヨタ自動車は29日、アクセルとブレーキの踏み間違いなどによる事故を防ぐ後付けシステムの対象車種を、2019年内に5車種から12車種に増やすと発表した。加速スピードを抑えることで事故減少や衝突被害の軽減につなげる。高齢者ドライバーが増えるなか、新型車に加えて保有されている車両にも安全装置の設置を広げる。

まず6月に「ポルテ」「スペイド」「ウィッシュ」の3車種に対象を広げ、5万5080円で発売する。その後、10月に「カローラアクシオ」「カローラフィールダー」「パッソ」、12月には「ヴィッツ」に対象を拡大する予定だ。

トヨタは18年12月から後付けの安全システムを販売。車につけたセンサーが前後にある壁などの障害物を検知するとブザー音を鳴らす。その状態でアクセルを強く踏み込むと加速を抑える。後退時は障害物を検知していなくても、時速約5キロメートル以上の強さでアクセルを踏むと加速を抑える。

交通事故総合分析センターによるとブレーキとアクセルの踏み間違い事故は、75歳以上の高齢ドライバーの比率が高い傾向にある。トヨタは新型車には衝突回避支援システム「トヨタセーフティセンス」などを設定している。同時に、すでに所有されている車向けに後付けの加速抑制システムの展開を進めている。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]