/

この記事は会員限定です

都道府県別の訪日客データ、APIR 観光ビジネスに活用

都道府県別訪日客数を月次で推計

[有料会員限定]

シンクタンクのアジア太平洋研究所(APIR、大阪市)は6月、月次で都道府県別の外国人訪問者数を推計する調査を始める。観光庁が都道府県別の外国人訪問率を調査しているが、四半期ごとであり、最大で4カ月遅れの発表だった。訪日客消費は関西経済の成長の柱の一つ。月次で公表することで、足元の動向...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り143文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン