金利、世界で急低下 マイナス利回り国債残高が最高に

2019/5/30 1:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

世界の金融市場でリスク回避の動きが強まっている。米中貿易摩擦の激化による景気悪化懸念から、安全資産とされる国債が買われて金利が急低下(債券価格は上昇)。買う側が金利を払うマイナス利回りで取引される国債の発行残高は世界で8兆3千億ドル(約900兆円)と過去最高になった。日本の長期金利は29日にマイナス0.100%と2カ月ぶりの水準に低下した。

JPモルガンが世界23カ国の国債を対象に調べたところ、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]