/

神戸にシェアオフィス 米ウィーワーク、11月に

米シェアオフィス大手のウィーワークは29日、神戸市の中心部に拠点を開設すると発表した。11月1日から運用を始める。市内のスタートアップ企業が増え、需要が見込めると判断した。ウィーワークのシェアオフィスは大阪市内の2カ所に続き、関西で3カ所目。

JR三ノ宮駅から南へ徒歩5分のビルに「ウィーワーク三宮プラザイースト」を開設する。3フロアに約700デスクを用意し、プライベートオフィスや会議室を設ける予定だ。飲み放題のコーヒーや印刷機、電話ブースなどもそろえる。

神戸市の久元喜造市長は「スタートアップやクリエイターが集う場となり、イノベーションが起こるハブとなることを期待する」とコメントした。運営を担うウィーワーク・ジャパン(東京・港)のクリス・ヒル最高経営責任者(CEO)は「働き方改革を支援できる。地域経済の発展に貢献していく」とした。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン