/

この記事は会員限定です

ハバネロの3倍超 赤い粉末の危険な辛さ

編集委員 吉田忠則

[有料会員限定]

あまりの刺激の強さに「空気が辛い」と感じたのは2回目だ。最初は激辛の「麻辣(マーラー)火鍋」で知られる中国内陸の都市、重慶でレストランを訪ねたとき。ドアを開けて空気を吸い込んだとたん、鼻をつく刺激に思わずくしゃみをした。そして今回、「辛富士」という名の国産トウガラシを使ってみて、それに負けないレベルの衝撃を体験した。

まだ必ずしも有名とは言えないこの商品を、筆者は東京都国立市で地元の野菜や加工食品...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1583文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

食の進化論

農政から先進農家、スマート農業、植物工場、さらにカリスマシェフや外食チェーンなど「食と農」に関するテーマを幅広く取材してきた。著書に「見えざる隣人」「農は甦る」「コメをやめる勇気」「農業崩壊」。中国の駐在経験も。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン