2019年7月17日(水)

徳島の阿波おどり「総踊り」復活 踊り子「令和を記念」

サービス・食品
地域総合
中国・四国
2019/5/29 19:53
保存
共有
印刷
その他

徳島の夏の風物詩、阿波おどりで今年、2年ぶりに「総踊り」が復活する。昨年の祭りで徳島市など主催者と演出をめぐって対立していた阿波おどり振興協会は29日、今夏の祭りに全面的に協力することを表明した。累積赤字の表面化をきっかけに主催者や踊り団体(連)との間で混乱が続いていた阿波おどりだが、ようやく融和に向けて一歩踏み出した。

阿波おどり振興協会は昨年、主催者に対する反発から演舞場の外で「総踊り」を強行した(2018年8月13日、徳島市)

阿波おどり振興協会は昨年、主催者の反対を押し切って演舞場の外で「総踊り」を強行した(2018年8月13日、徳島市)

振興協会の山田実理事長は同日、記者会見で主催者である阿波おどり実行委員会が提案している演出に協力する考えを示した。山田理事長は「令和元年という記念すべき阿波おどりに協力する。踊り子の踊りたいという気持ちを受け止めた」と語った。振興協会に所属する全ての連が一斉に踊り込む「総踊り」は、迫力ある阿波おどりを象徴する演出として知られる。

今年の祭り(8月12~15日)では徳島市内に4カ所設置される有料演舞場を日替わりで「総踊り」を実施する演出を実行委が要請しており、振興協会側もこれを受け入れる方針。前夜祭や有名連が踊りをホールで披露する選抜阿波おどりでも、振興協会所属の全ての連が協力する。

徳島市の阿波おどりは約400年におよぶ長い歴史がある。今年は民間事業者が運営を担う史上初めての祭り。今年から5年間の事業を受託したキョードー東京(東京・港)を核とする共同事業体の総責任者、前田三郎キョードーファクトリー社長は「ほっとした。これで徳島に笑顔が戻ってくる」と振興協会の協力方針を歓迎した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。