2019年8月23日(金)

ロボットがターミナル警備 成田空港で6月導入

2019/5/29 19:27
保存
共有
印刷
その他

成田国際空港会社(NAA)は6月3日から、成田空港内のターミナルを巡回警備する「自律走行型巡回監視ロボット」を導入する。2020年の東京五輪・パラリンピックに向けた館内警備の強化の一環で、不審人物や放置物の監視などにあたる。NAAによると警備ロボットの導入は国内空港では初めてという。

実証実験で点検用アームを使ってゴミ箱内を調べる警備ロボット(成田空港第2ターミナル)

今回導入されるロボットは「セコムロボットX2」で、自律走行で館内を巡回させ、カメラやセンサーで異常を発見する。通信機能が付いており、異常があれば空港内の警備担当者にすぐに知らせる。「X2」は熱を感じるセンサーや金属探知機を内蔵したアームを搭載する。ごみ箱の中の点検もでき、爆発物を使ったテロに備える。

6月3日から、第1・第2ターミナルに「X2」を1台ずつ導入し、10月からは各2台に増強配置する。NAAは「警備員の目で実施していた巡回監視業務にロボットのカメラによる画像監視などが加わることでより高度で効率的な館内警備を実現する」としている。外国人観光客が大挙して訪れる五輪・パラに向け、警備会社ではロボットを有効活用し懸念される人手不足にも対処する。

NAAは18年4月から同年12月まで、セコムと組んで警備用ロボットの実証実験を実施した。成田空港第2ターミナルで技術・運用上の改善点を探り、このほど実用化にこぎ着けた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。