/

ロボットがターミナル警備 成田空港で6月導入

成田国際空港会社(NAA)は6月3日から、成田空港内のターミナルを巡回警備する「自律走行型巡回監視ロボット」を導入する。2020年の東京五輪・パラリンピックに向けた館内警備の強化の一環で、不審人物や放置物の監視などにあたる。NAAによると警備ロボットの導入は国内空港では初めてという。

今回導入されるロボットは「セコムロボットX2」で、自律走行で館内を巡回させ、カメラやセンサーで異常を発見する。通信機能が付いており、異常があれば空港内の警備担当者にすぐに知らせる。「X2」は熱を感じるセンサーや金属探知機を内蔵したアームを搭載する。ごみ箱の中の点検もでき、爆発物を使ったテロに備える。

6月3日から、第1・第2ターミナルに「X2」を1台ずつ導入し、10月からは各2台に増強配置する。NAAは「警備員の目で実施していた巡回監視業務にロボットのカメラによる画像監視などが加わることでより高度で効率的な館内警備を実現する」としている。外国人観光客が大挙して訪れる五輪・パラに向け、警備会社ではロボットを有効活用し懸念される人手不足にも対処する。

NAAは18年4月から同年12月まで、セコムと組んで警備用ロボットの実証実験を実施した。成田空港第2ターミナルで技術・運用上の改善点を探り、このほど実用化にこぎ着けた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン