「漁夫の利」ベトナムの憂鬱 米中衝突が暴く暗部
本社コメンテーター 梶原誠

梶原 誠
本社コメンテーター
2019/5/30 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ベトナムの株式相場が異彩を放っている。5月5日、トランプ米大統領が対中関税を引き上げると表明した「怒りのツイート」以降、投資家は米中衝突リスクを恐れて世界の株式を売った。米リッパーによると、24日までに世界の株式投資信託から400億ドル弱が流出した。月間としては2012年8月以来のペースだ。

だが、ベトナム株は無傷だ。同国の代表的な株価指数「VN指数」は5月半ば以降、ツイート前の水準を上回る局面…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

梶原 誠

本社コメンテーター

グローバル市場

東京、ニューヨーク、ソウル、香港を拠点に市場を通して世界を見てきた。アジア通貨危機、日本の金融危機、リーマン危機も取材。編集委員、論説委員、英文コラムニストを経て2017年2月より現職。市場に映る全てを追う。

    ソーシャルアカウント:

本社コメンテーター

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

  • 企業

電子版トップ



[PR]