2019年7月18日(木)

コト消費も海外輸出 温泉や娯楽、訪日ブーム機に活況

サービス・食品
小売り・外食
中国・台湾
東南アジア
2019/5/30 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

訪日観光客の「帰国後消費」を取り込む動きがサービス分野にも広がってきた。温泉や娯楽、飲食など来日時の体験を母国でも楽しみたいという需要を見込み、中国や東南アジアに進出する企業が相次ぐ。4兆円を超えるインバウンド(訪日外国人)消費の恩恵を海外に広げる試みだが、現地進出は困難も伴う。口コミを誘うSNS(交流サイト)の活用や運営ノウハウの深化がカギを握る。

日本政府観光局(JNTO)によると2018年…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。